歯の着色汚れを気にしている人にとって、研磨剤が配合された歯磨き粉は避けるべきです。

研磨剤は歯の表面を傷つけ、できた傷に入り込んだ色素で新しい着色汚れができてしまいます。

ですので、研磨剤不使用の歯磨き粉を探している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな研磨剤なしの歯磨き粉を探している人へ、どのようなものが販売されているのかをご紹介します

管理人が実際に試してみたものを中心に取り上げています。

それぞれメリットが違うので、以下、詳しく書いています。自分が求めるものに近い特徴をもった歯磨き粉を試してみてください。

研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットと研磨剤の危険性について

まずは、研磨剤についておさらいしておきましょう。

研磨剤が歯磨き粉に配合されている理由ですが、それは歯にこびりついた汚れをそぎ落とすためです。

クレンザーのような役割を持っています。

しかし、それはメリットである一方、デメリットにもなりやすい特徴です。

歯についた汚れをそぎ落とす際、周りの歯のエナメル質も削ったり傷をつけてしまっています。エナメル質の薄い子供だけでなく、大人の歯でも安全ではありません。

多少は唾液の作用による再石灰化というはたらきでエナメル質の傷は修復されますが、大量に研磨剤入り歯磨き粉を使っている人や、熱心に歯磨きしすぎている人は要注意。歯の表面がボロボロになっているかもしれません。

歯の表面に傷がつくと、その小さな溝に食べ物や飲み物の色素が入り込むことがあります。入り込んでしまった色素は落ちにくく、結果、エナメル質についた傷が多いほど歯の表面の着色汚れはひどくなってしまうのです。

人体で最も硬い部分だと言われているエナメル質を傷つけるほどの研磨剤は、もちろん歯ぐきにも影響します。健康的な歯ぐきの場合は(口内粘膜は治癒が早いため)問題ありませんが、弱っている歯ぐきには強すぎるダメージです。

弱っている歯ぐきに研磨剤の多い歯磨き粉を使用すると、歯ぐきの表面が傷付いたり、直りかけていた傷が悪化することもあります。

歯肉炎や歯周病などで歯ぐきが弱っている人は、研磨剤入り歯磨き粉は避けたほうが安心です。

歯の着色汚れを対策もしくは予防したい人、歯周病などで歯ぐきが弱っている人は、研磨剤入り歯磨き粉は避けるようにしてください。

近年は研磨剤が配合されていない歯磨き粉も種類が豊富になっているため、選びやすくなっています。研磨剤入り歯磨き粉を避けて、それらの豊富な種類の中から、好みの研磨剤なし歯磨き粉を探してみてはいかがでしょうか。

では、研磨剤なしの歯磨き粉はどこに売っているのでしょうか?

一般のスーパーやドラックストアではほとんどが大量生産で作られた歯磨き粉で、泡立ち等、見栄えを重視しているため、研磨剤が含まれているものがほとんどです。

中には「ホワイトニング」や「タバコのヤニとり」と称して、研磨剤が大量に入っている商品も存在します。

参考: 市販の歯磨き粉は危険!ホワイトニング目的で使わない方がいい理由

ですので、市販で歯磨き粉を購入するのはおすすめできません。

研磨剤なしの歯磨き粉の入手方法

研磨剤なしの歯磨き粉は主に通販で購入できます。

研磨剤なしの歯磨き粉で評判が高いものは以下の5点です。

以下、研磨剤が配合されていない歯磨き粉の中で、管理人がおすすめのものを紹介しています。

いくつかは実際に使ってみたこともあるので、ぜひ体験レビュー記事も参考にしてみてください。

ディノベート デンタルホワイトプロは専門家の監修済みで安全 おすすめ

実は、ディノベート デンタルホワイトプロを試すまでは次に紹介する「はははのは」がおすすめでした。

しかし、両方を実際に試した結果、今はディノベート デンタルホワイトプロのほうがおすすめです。

歯を白くする効果はディノベート デンタルホワイトプロも「はははのは」も同じくらいです。

もともと「はははのは」が最も歯が白くなったと実感していたので、それと同じくらいということは、ディノベート デンタルホワイトプロの着色汚れ除去効果もかなり高いということ。

では何故ディノベート デンタルホワイトプロのほうがおすすめなの?価格的には「はははのは」が安いのに?と思われるかもしれませんが、やっぱり「歯科医監修」の文字の信頼度といったら。

自社開発スタッフが頑張って天然成分中心で作りました!という商品と、自社開発スタッフが天然成分中心で作ったものを、歯科医に監修してもらいました!だと、どちらが信頼できそうですか?

通販商品(とくに歯科系や美容系)は開発会社ごとの信念や特徴、コスト事情なども関係して、専門的な視点でチェックされないまま発売されているものも多いです。

確かに成分的には問題なさそうなものばかりなのですが、たまに「え、この成分入れちゃって良いの?毎日使うものだよ?」とビックリするものも売られています。

そのような中で、きちんと専門家の監修を受けていますよ、と発表していて、なおかつ専門家自身の紹介が顔写真つきである。これだけで、かなり誠実な会社(商品に自信がある)ということが分かります。

ちなみに、監修について調べてみると「機能性、運用面、コストマネジメントなどの視点から設計者に助言を行う業務」だそうです。

つまり、開発はしないけれど、開発される商品に対して専門的知識から助言を行う人のことをさします。たまに似たような表現である「歯科医おすすめ!」「歯科医が注目!」と違い、きちんと商品に責任を持った関わり方です。

おすすめしているだけの商品だと、商品内容をきちんとチェックしていないこともあります。有名女優がおすすめしていた化粧石鹸で皮膚トラブルがあった例もあるように、安全性をチェックしているわけではないのです。

ディノベート デンタルホワイトプロは、歯科医監修。開発段階で専門的知識をもった関わり方をしているので、成分の効果や安全性は保証されていると期待して間違いなし。

実際に使ってみて「はははのは」(これまでダントツでおすすめだった歯磨きジェル)と同じくらいの効果を見せたので、専門家監修という安全性や信頼性を重視する方は、ディノベート デンタルホワイトプロがおすすめです。

もちろん、歯科医監修とだけあってディノベート デンタルホワイトプロ自体の出来も良いです。たとえばo-シメン-5-オールは強力な殺菌作用をもっており、口臭の原因となる菌の殺菌効果が望めます。

アラントインは組織修復作用があり、歯周病ケアでは歯ぐきの修復を促す成分として活用されることの多い存在です。他にも消炎や収れん作用のある成分が複数入っているため、歯周病で弱った歯茎のケアにもおすすめです。

歯周病は進行すると歯科医院での治療が必要です。歯科医院で本格な治療に加え、自宅で簡単にできるケアとして、ディノベート デンタルホワイトプロのように有効成分の入った歯磨きジェルを持っておいてはいかがでしょうか。

また、リンゴ酸とポリリン酸の両方が入っているのも好印象。リンゴ酸は着色汚れを溶かして除去しやすくしてくれますが、一方で使い続けると歯の表面が溶けるリスクもある成分です。

着色汚れをとるだけではなく歯の表面をコーティングしてくれるポリリン酸も配合。ポリリン酸に保護されるので、リンゴ酸に歯を溶かされる心配がありません。

リンゴ酸だけの歯磨き粉を使うより、着色汚れ除去効果も歯の保護効果も、ポリリン酸と一緒に配合されているディノベート デンタルホワイトプロのような商品のようが安心です。


※実際に使用してみたので、使用感や成分についての詳しいレビューはそちらも参考にしてみてください。
→→『歯科医監修のディノベートデンタルホワイトプロの効果を体験レビューします。』へ

ディノベート デンタルホワイトプロのおすすめポイント

  • 歯科医監修なので安心安全
  • 口臭の原因に効く成分入り
  • 歯周病が進行中の歯ぐきのケアにもおすすめ
  • 汚れを溶かすリンゴ酸と歯を保護するポリリン酸の両方入り
  • 刺激のほとんどない優しいメントール

<おすすめできない人>

  • とにかく効果より安さを重視する人
  • ペーストタイプじゃないと嫌な人
  • ずっと改良とかしないでほしい人
  • 絶対に清涼感はいらない派の人

ディノベート デンタルホワイトプロは定期的に容器や内容量などこまかい部分を改良しているので、今後成分も改良される可能性があります。「改良とかしないで同じのを使い続けたい」という方はご注意ください。

⇒『ディノベートデンタルホワイトプロ』公式販売サイトはこちらです。

「はははのは」研磨剤はもちろん、着色料や発泡剤も不使用

次に紹介するのが「はははのは」です。


「はははのは」は天然成分をたっぷり使ったオーガニック歯磨きジェルという点は高ポイント。

研磨剤はもちろん、余計な着色料や発泡剤、漂白剤も不使用の無添加な歯磨き粉です。

今まで似たようなコンセプトのホワイトニング歯磨き粉をいくつも使ってきましたが、今のところディノベート デンタルホワイトプロとこれが最も着色汚れが取れました。

殺菌成分も多く配合されていますが、パッケージはおしゃれ。人にバレずに着色汚れと口臭対策ができます。

歯肉炎になった時もこのジェルだけで治ったことから、殺菌成分の効果は個人的にも高評価です。

複数種類が配合されている『うるおい成分』のおかげか、口内がドライマウスになることもありませんでした。もう少し量が多ければ嬉しいなと思いつつ、外出先にも携帯したい人にはちょうど良い大きさでもあります。

一通りの悩み(汚れ・口臭・細菌・ドライマウス)に対策できる成分が配合されているため、何を選ぶか迷っている人はこちらから試してみてはいかがでしょうか。

私もお気に入りで愛用しています。

※実際に使ってみた時のレビュー記事も参考にしてみてください。
⇒「はははのは」の評判 ~ホワイトニング効果は本当か?実際に使ってみた感想~

ただし、少し高額な歯磨き粉なので、定期コースなど安く購入できる方法をおすすめします。

「はははのは」のおすすめポイント

  • 歯肉炎と口臭を同時に予防できる
  • 研磨剤不使用で無添加
  • 発泡剤や着色料といった余計な薬品も不使用
  • ドライマウスにも効果あり
  • 何を使えば良いか分からないひとにはおすすめ

<おすすめできない人>

  • 市販歯磨き粉なみに清涼感が欲しい人
  • ペーストタイプを使いたい人
  • 大容量で安いものが良い人


⇒「はははのは」公式販売サイトはこちら

薬用ポリリンジェルEX ポリリン酸のホワイトニング効果も期待できる

dsc_0535

薬用ポリリンジェルEXはポリリン酸の歯の着色汚れに対する研究を行っている人が開発した、ポリリン酸入り歯磨きジェルです。

無色透明で強い香りもないため、わずかな刺激も避けたいデリケートな人におすすめです。

ポリリン酸は食品にも使用されているほど人体と相性の良い成分ですが、歯の着色汚れ対策にはもっていこいの成分でもあります。

他者製品と違い、最も効果のある形にポリリン酸を調整している点が特徴です。

着色汚れをとってくれる上、ポリリン酸のコーティング効果でこまかな傷がついた歯の表面を保護してくれます。既に小さな傷がついている人は、コーティング効果のあるポリリンジェルEXがおすすめです。

ただ、人体に安全とはいえ化学物質なので、自然派な人は抵抗感を覚えるかもしれません。歯磨き粉はミントの味がついているものが良い、と思っている人は、無機質な味も受け付けにくいでしょう。

汚れの除去と歯のコーティングに高い効果を期待できる一方、これといってすごい殺菌成分が配合されていないため、歯周病菌や口臭の原因菌も除去したい人には不安の残る歯磨きジェルとなります。

※実際に使ってみた時のレビュー記事を参考にしてみてください。
歯の着色汚れに効果的なポリリンジェルEXの評判と実際の体験レビュー』へ。

おすすめポイント

  • コーティング効果があり歯にこまかい傷が付いている人にもおすすめ
  • 口内炎があったりと、歯磨き粉の刺激が苦手な人におすすめ
  • ポリリン酸のホワイトニング効果が期待できる

おすすめできない人

  • オーガニック思考の人
  • 口内殺菌もしっかりしたい人
  • ケミカルな味が苦手な人


⇒「薬用ポリリンジェルEX」公式販売サイトはこちら

口臭が気になるなら「モリンガモイストクリーンブレスプラスアクア」

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクアは美容で話題のモリンガが配合された歯磨き粉です。

ペーストタイプなので、今までペーストタイプの歯磨き粉を使ってきたから、使用感を変えずに使えるものが良いという人にぴったりです。

市販の歯磨き粉に比べてかなり刺激が少なく、敏感な人がわずかにピリッと一瞬感じる程度の刺激です。ハーブの香りがするため、ハーブ系の香りが苦手な人は要注意。

歯の着色汚れよりもドライマウスを改善したい人におすすめです。

口臭の原因であるドライマウスを改善させることで口臭予防にもつながり、口臭が気になる人にはぜひ試してほしいデンタルケア商品です。

汚れを落とす成分も配合されていますが、どちらかというと口内を潤わせる成分や刺激の少ない殺菌成分に注目。

市販の歯磨き粉のようにミントの強い刺激のあるものは口内にダメージを与え、ドライマウスになりやすい状態にします。刺激が少ない上、潤い成分がたっぷり入ったモリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクアは歯磨き粉の刺激でドライマウスになる心配もありません。

ただし、泡立ちをよくする発泡剤も配合されていないため、泡立ちが欲しい人には物足りないと感じる歯磨き粉です。

※私も実際に使ってみてレビューしています。
口臭予防に効くと評判の歯磨き粉『モリンガモイストクリーンブレスプラスアクア』に関するレビュー

おすすめポイント

  • ドライマウス改善効果も期待できる
  • 口臭予防にもなる
  • 刺激の少ない歯磨き粉
  • ペーストタイプの歯磨き粉

お勧めできない人

  • ハーブの香りが苦手な人
  • 歯の着色汚れもしっかり除去したい人
  • 泡立ちを重視する人

⇒『モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア』公式販売サイトはこちら

コンクール ジェルコートF

>>『コンクール ジェルコートF』詳細サイトへ

歯周病で悩んでいる人に、歯科医の多くがおすすめすることで有名なジェルタイプの歯磨き粉です。殺菌性の高い成分により、歯周病菌への効果も高いです。使い続けて歯ぐきの調子が良くなったという口コミも多数見つかります。

歯周病対策としては優秀ですが、クロルヘキシジンという口内細菌に効果的な成分が歯の着色汚れを起こします。着色汚れを落とすには定期的に研磨剤入りの歯磨き粉でみがくか、歯科医院でクリーニングを受ける必要があります。

歯の着色汚れよりも、今はとにかく歯周病対策したい、歯ぐきが下がるのを食い止めたいという人におすすめです。多くの歯科医も認めている歯周病へのアプローチ力はあなどれません。

大型のドラッグストアでは、たまに陳列されているので、比較的買いやすい商品でもあります。パッケージが整髪料のような外見なので、家族が間違ってヘアケアに使わないようにご注意を。

<おすすめできる人>

  • 着色汚れ対策ができる人
  • 歯周病対策を最優先させたい人
  • 歯肉炎を治したい人

<おすすめできない人>

  • ジェルタイプの歯磨き粉は苦手な人
  • 定期的に歯科医院でクリーニングできない人
  • 着色汚れ対策も同時にしたい人

研磨剤なし歯磨き粉特集 まとめ

以上、研磨剤なしの歯磨き粉・ジェルをまとめてみました。

もちろん、ここでご紹介した歯磨き粉以外にも、研磨剤を配合していないものは多く販売されています。

今回は歯科医がよくすすめるもの、実際に管理人が試してある程度の効果を実感したものを取り上げました。

それぞれ特徴が異なるため、求める効果によって選んでみてください。悩みが多すぎてどれを選べば良いのかイマイチ分からない人や、初めて研磨剤なし歯磨き粉を使ってみるという人は、ディノベート デンタルホワイトプロがおすすめです。

実は、研磨剤なし歯磨き粉を使い続けると、そぎ落とす力がないために、むしろ歯に着色汚れが着きやすくなる人もいます。

管理人が試してみた結果、その点も踏まえて着色汚れへの効果を実感できたのがディノベート デンタルホワイトプロでした。

着色汚れ対策もできて、うるおい成分でドライマウス対策もでき、複数の殺菌成分で口臭予防もできる。刺激もないため長時間じっくり歯磨きできるため、歯周病対策の歯磨きにも使える。複合的なメリットを持っている歯磨きジェルです。

ただその分、市販品よりも多少高い値段となっています。定期コースなど安く購入できるサービスを活用するのがおすすめです。

歯周病対策をもっと効果的にしたい、という人は、歯科医が推奨するコンクールジェルコートFを試すのも良いですが、着色汚れのリスクがあることは忘れないでください。

研磨剤なし歯磨き粉を購入する際は、こういったトラブルがないように配合されている成分もよく確認しましょう。着色汚れを避けたいのであれば、研磨剤とは別の汚れを効果的に落とす成分がきちんと配合されているか、汚れの元となる成分が入っていないかも大切です。

せっかく研磨剤の配合されていない歯磨き粉を使うのであれば、新たな悩みが生まれないような商品を選びましょう。

⇒『ディノベートデンタルホワイトプロ』公式販売サイトはこちら






研磨剤は歯の表面を傷つけて着色汚れの原因になります

研磨剤なしの歯磨き粉特集はこちらへ