CMでもたまに耳にすることのあるハイドロキシアパタイトという成分。歯を丈夫にしてくれると言いますが、果たして本当なのでしょうか。

調べたところ、実はハイドロキシアパタイトは歯にとって両極端な特徴を持っているとも言える成分でした。

今回は、市販歯磨き粉にも配合されていることの多いハイドロキシアパタイトについて、その効果と安全性についてご紹介します。

歯のトラブルを避けるために、使用する際の注意点についてもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

歯だけじゃない!骨にとって大事な成分ハイドロキシアパタイト

081193

ハイドロキシアパタイト(HAp)という単語は、美白歯磨き粉の使用を検討したことのある人なら何度か目にしたり耳にしたことのある名前ではないでしょうか。歯磨き粉のパッケージでも、よく美白効果を期待できる成分として表記されています。

実はこのハイドロキシアパタイトは、歯だけではなく、全身の骨にとって欠かせない重要な成分なのです。

骨の主成分となっているのが、このハイドロキシアパタイトとコラーゲン。ハイドロキシアパタイト(HAp)は、リン酸カルシウムの一種に分類されています。カルシウムというだけで、何となく骨にとって重要な成分であることは想像できますね。実際、医療現場ではデンタルインプラントや人工骨の材料として用いられています。

人の体では、骨の60%程、歯のエナメル質の約97%、象牙質の約70%をこのハイドロキシアパタイトが占めていると言われており、生体に対する親和性も高い特徴を持っている成分です。

歯磨き粉では美白効果をうたう成分として用いられやすい成分ですが、このとおり、直接的な歯の漂白効果を持っているわけではないのです。

では何故、歯の美白効果があると言われているのでしょうか。それは、こちらの記事でも取り上げた歯が汚れる原因、歯のエナメル質についたこまかい傷に関係しています。

歯を丈夫にするハイドロキシアパタイトは研磨剤にもなる

丈夫な歯を作るのに役立つハイドロキシアパタイトですが、一方で、歯磨き粉の研磨剤としての側面も持っています。

市販の歯磨き粉に含まれる研磨剤を見分ける方法』の記事で紹介している研磨剤成分の中にも含まれている通り、ハイドロキシアパタイトは多くの場合、研磨剤として歯磨き粉に配合されています。

私もハイドロキシアパタイトが多めに入っているという1本2,000円程度の歯磨き粉をドラッグストアで見つけ、使用したことがありますが、見事に歯が傷付きました。たっぷり歯磨き粉をつけるタイプなので、知覚過敏にまで発展したほどです。

このことをきっかけに「ハイドロキシアパタイトが研磨剤として成分表に記載されている理由」を身をもって知りました。また同時に「値段が高いから歯に優しいとは限らない」ことも体感してしまいました。

やはり歯磨き粉は、値段よりも成分表をきちんと確認することが大切です。成分名だけではなく、それが何の役割のために配合されているのかも見てから選ぶようにしましょう。

ハイドロキシアパタイトだから歯を丈夫にしてくれる。歯に優しい。そのようには決め付けず、研磨剤として明記されているのなら、表記通りハイドロキシアパタイトという名の研磨剤でしかないことを理解しておきましょう。

とはいえ、商品の中には「ハイドロキシアパタイトが配合されているから歯の再石灰化に効果的」だと思わせるような広告の歯磨き粉もあります。これらの商品全てにハイドロキシアパタイトが研磨剤として入っているのかどうか、どのようにして確認すれば良いのでしょうか。

成分表を見るという方法は、ドラッグストアなどの店頭で購入できる商品にのみできる確認の仕方です。通販でしか販売されていない商品だと、それが研磨剤としてのハイドロキシアパタイトなのか、再石灰化を助けるためのハイドロキシアパタイトなのか、判断しにくいものです。

成分を全て公表している親切なホームページもありますが、ただメインとなる有効成分しか書いていないホームページも多いです。きちんと公表している場合も、成分名を書いているだけで、作用までは明記されていないこともあります。

ここで重要になってくるのが、ハイドロキシアパタイトの種類です。

ハイドロキシアパタイトには通常のものと、薬用のものがあります。研磨剤としてではないハイドロキシアパタイトが配合された歯磨き粉を購入したいのであれば、薬用ハイドロキシアパタイトを選びましょう。

薬用は、研磨剤として使用される一般的なハイドロキシアパタイトととは違い、歯の修復に役立つように作られた人工のハイドロキシアパタイトです。

ハイドロキシアパタイトと薬用ハイドロキシアパタイトの違い

ハイドロキシアパタイトですが、さらに2種類に分かれるのをご存知でしょうか。薬用(mHAP)とそうでないもの(HAp)です。

薬用ハイドロキシアパタイトと非薬用との違いは、粒子の細かさにあります。人工的に製造された薬用ハイドロキシアパタイトの粒子は細かく、ナノサイズという小ささ。日本の某企業によって開発されました。

骨や歯にとって重要なハイドロキシアパタイトがナノ化されることによって、

  • 歯垢を吸着する力
  • 歯表面のエナメル質の修復
  • ミネラル補充による初期虫歯の再石灰化

この3つの効果が期待できるようになりました。

タンパク質に対する吸着能力の高さは以前より研究者の間で知られていたハイドロキシアパタイトをナノ粒子にまで変化させた結果、特定の菌を吸着する力も高くなったことが発見されました。歯の表面に付着しようとするミュータンス菌を、従来のハイドロキシアパタイトよりも多く吸着します。

そして、ミュータンス菌を排除されたエナメル質表面に残るこまかな傷にナノ粒子が入り込むことで傷も修復。表面をツルツルな状態に直してくれます。

歯の黄ばみの原因の一つが、エナメル質についたこまかい傷に入り込んだ汚れなのは、こちらの記事でも説明したとおりです。⇒⇒(参考記事:『歯が汚れる原因と今からできる自宅での基本的ケアは?』へ)

薬用ハイドロキシアパタイトがエナメル質についた傷を修復してしまえば、食べ物の汚れが歯の表面に付着することはありません。つまり、ハイドロキシアパタイトが歯の美白成分として活用されているのは、この汚れがつきやすい傷を修復する点に注目されたからなのです。

汚れを漂白するのではなく、汚れの付着を防止することで歯を白くしてくれます。さらにはもう一つ、エナメル質の表面をツルツルにすると、光効果による美白も期待できるようになります。

歯の表面にこまかい傷があると、傷の中で光の乱反射が起きます。結果、エナメル質に覆われた象牙質の黄ばみが、人の目につきやすい状態に。

ハイドロキシアパタイトでエナメル質をツルツルにすれば、光の乱反射は軽減され、象牙質の黄色がかった色が目立ちにくくなります。

他にも初期虫歯で溶けだした歯表面のミネラルを補充したり、修復する力で歯の表面を再石灰化させる効果もあるので、歯磨き粉にはなくてはならない成分です。

おすすめの薬用ハイドロキシアパタイトが入った歯磨き粉

デンタルケア商品に含まれているハイドロキシアパタイトはほとんどがナノ化された薬用ハイドロキシアパタイトです。ただし、粗悪品の中には本当に含まれているか疑わしい商品もあるため、購入の際は注意しましょう。

薬用ハイドロキシアパタイトがきちんと含まれている商品か否かを見分けるコツは、パッケージや説明書に『ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト配合マーク』の印刷の有無です。きちんと配合された正規品には、パッケージなど目立つ場所に『ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト配合マーク』が印刷されています。

デンタルケア効果を期待するなら、ハイドロキシアパタイトがナノ化されたものである必要があります。歯を白くしたい、傷付いた歯の表面を再石灰化したいという人は、歯磨き粉を購入する際の一つの目印にしましょう。

インターネット上で購入する際は、マークが省略されていることもあります。その場合は成分表を見て、『薬用』の文字があるか、もしくは『mHAP』と表記されているかが判断ポイントです。

きちんと『薬用』表記されていて、商品自体も歯の美白効果をテーマにしたものはないか、気軽に買える通販で探してみました。

色々と見て回って見つけたのが、こちらの『OraPearl(オーラパール)』です。

hamigakiko
>>『OraPearl(オーラパール)』詳細サイトへ

きちんと薬用ハイドロキシアパタイトと明記されています!サイト説明を見ると、エナメル質の傷や修復機能など、きちんと成分の効果についても納得の行く説明がされています。

口臭や歯周病にも効果的な成分が含まれているので、殺菌機能も期待できますね。

薬用ハイドロキシアパタイト入り歯磨き粉はここで買えます

ナノ化された薬用ハイドロキシアパタイト配合と明記されている『OraPearl(オーラパール)』。

他にもヤニ汚れなど除去してくれる汚れについて、効果がある成分名ごとしっかり明記されているので、信頼できるアイテムです。通常は500円の送料がかかってしまうのですが、キャンペーンサイトからの初回購入を申し込むと、初回時のみ送料無料で届けてくれます。

少しだけ割引もあるので、お試しするには丁度良い価格ではないでしょうか。有効成分が入ったものをきちんと使いたいという人は、こちらの『OraPearl』を一度試してみることをおすすめします。

>>『OraPearl(オーラパール)』詳細ページへ






研磨剤は歯の表面を傷つけて着色汚れの原因になります

研磨剤なしの歯磨き粉特集はこちらへ