ころころ歯ブラシ』を購入してから、2ヶ月以上が経ちました。

購入時の説明書きには大体1ヶ月前後で新しいものに交換するよう書かれていましたが、実際のところ1ヶ月ごとに交換すべきなのでしょうか。

今回は、実際に使ってみた我が家のころころ歯ブラシの状態をご紹介。定期購入を申し込むか悩んでいる人の交換頻度の目安になれば、と思います。

※ちなみに、ころころ歯ブラシを購入した時のレポートはこちらです⇒⇒(『ころころ歯ブラシを実際に購入・使ってみた感想~評判商品のレビュー~』へ)

ころころ歯ブラシ使用開始から2ヶ月後の状態

いま、我が家のころころ歯ブラシはこんな状態。さすがに2ヶ月以上も経つと、ブラシ部分はだいぶ開きが出てきました。使おうと思えば使えるけど、一般的には交換するべきとされる状態です。

DSC_011622

※画像だと分かりにくいですが、毛が外側に数本開いています。

正直な話、ころころ歯ブラシは通販しなくてはならないので、もう少し毛が開ききる限界まで使っちゃおうかな、と思ってしまいます。

でも、歯磨きの基本は、ブラシの毛部分が歯に対し垂直になるように当てて擦ること。外側に開いた毛では、垂直に当てることはできません。その点を考えると、やはりきちんと交換しなくては意味がありませんね。

ころころ歯ブラシを使うと自然と時間をかけて歯磨きをするので、きちんと磨けて歯がツルツルになります。この爽快感は、毛が真っ直ぐ生えているものを使うからこそ味わえます。

しかもころころ歯ブラシを使っていると、以前にくらべて唾液がきちんと出るようになりました。公式サイトでは歯茎マッサージばかりアピールされていますが、ころころ歯ブラシが歯茎や頬の筋肉をほぐしてくれるおかげで、唾液腺にも刺激が

個人的には「自分はドライマウス気味かも?」と思っていたので、唾液腺が刺激されている点はかなりの高ポイントでした!

既にころころ歯ブラシを実践している方は、歯磨き粉を使わずにじっくり磨いてみてください。唾液腺が刺激されて、いつもより口内がしっかり潤ってくるのが実感できるはずです。

ころころ歯ブラシの使用期間 寿命 まとめ

自分が使ってみて、歯磨き効果を得るには、やはり定期的に歯ブラシを交換する方が良いと感じました。そこで気になるのがころころ歯ブラシ1個につき、どれくらいの期間使えるのかということ。

私の場合、朝は普通の歯ブラシで、夜だけころころ歯ブラシを使って磨いていました。その状態で2ヶ月ほど使えたので、朝と晩どちらもころころ歯ブラシを使っている人は、この2倍なので1ヶ月くらいでブラシの毛が開くのではないでしょうか。

商品の説明書きにある通り、1ヶ月くらいで交換するのが無難なようです。

公式サイトの通販では、1ヶ月ごとか2ヶ月ごとに自動で発送してくれる定期コースがあるようです。いちいち注文するのが面倒くさいという人は、こういうシステムを利用するのもおすすめ。

定期コースだと割引もあるので、長く使う人には少しお得なこちらは最適です。

ころころ歯ブラシは以下よりお買い求めいただけますよ。
京都やまちや ころころ歯ブラシ(大好評で42万本突破!)

 


おまけ

ちなみに、完全に余談ですが、犬用歯ブラシにもころころ歯ブラシと似たような形状の商品がありました。凹凸がすごくて磨きにくい犬の歯にも似た形状のものが使われているということは、この回転するブラシの効果が認められたということですね。

個人の手作りから生まれたころころ歯ブラシの効果が、こんな業界でまで実証されるとは。まだまだ面白い歯科アイテムが眠っていそうですね。見つけ次第またご紹介したいと思いますので、お楽しみに!






研磨剤は歯の表面を傷つけて着色汚れの原因になります

研磨剤なしの歯磨き粉特集はこちらへ