市販の歯磨き粉と通販や歯科医院限定の歯磨き粉の違いはどこにあるのでしょうか。

イマイチ違いが分からない、市販されているものをわざわざ通販や歯科医院で購入するメリットが分からないという方へ、今回は市販品との違いを解説します。

市販されているから、安全基準もクリアして大丈夫だと思っていませんか?実は、市販品だからといって安心できないのが歯磨き粉などのケア用品なのです。

市販される歯磨き粉は歯を傷つける

まず、研磨剤の問題が挙げられます。市販品の歯磨き粉には、ほとんどの商品に研磨剤が含まれています。中には「ホワイトニング」や「タバコのヤニとり」と称して、研磨剤が大量に入っている商品も存在します。

研磨剤は、簡単に言うと歯のクレンザーです。台所などで使用するクレンザーを思い浮かべてみてください。硬いステンレスをクレンザーで磨くと、こまかな傷がたくさんつくのを見たことはないでしょうか。

歯にとって、研磨剤はまさにこの状態。ステンレスをクレンザーで磨くように、研磨剤で歯を磨くとこまかな傷がたくさんできてしまいます。表面が白っぽい歯で、こまかな傷なので目には見えにくいのですが、多くの人が知らずにつけている傷です。

多くの人の歯に同じように傷があるなら問題ないと思うかもしれませんが、歯の審美性(白さや歯並びなどの見た目)を意識するのであれば、歯の傷は大敵です。こまかな傷があればあるほど、歯の表面に着色汚れができやすくなります。

歯磨き粉の研磨剤によって起こる歯のトラブル

着色汚れだけではありません。歯磨き粉に含まれる研磨剤によって、次のようなトラブルのリスクが高くなります。

  • 着色汚れ
  • 虫歯や歯のう蝕
  • 知覚過敏

研磨剤は歯にこびりついた汚れをそぎ落としてくれるのですが、同時に歯の表面のエナメル質も削ってしまいます。
配合される研磨剤の粒が小さければ傷もできにくく、(目の細かいサンドペーパーで磨いたように)歯の表面をツルツルにしてくれますが、市販品に配合された研磨剤の大きさは消費者には分かりません。粒が大きな研磨剤では、逆に歯を傷つけてしまいます。

小さな傷ができた歯は、色素や汚れが付着しやすくなるため、着色汚れのリスクが高くなります。せっかく着色汚れを取り除くために研磨剤入りの歯磨き粉を使ったのに、そのせいで歯に傷ができ、汚れがつきやすくなるという悪循環におちいるのです。

また、汚れがつきやすくなる歯の表面の傷には、細菌も入り込みやすくなります。虫歯の原因となるミュータンス菌などが住みつけば、そこで食べかすなどのエサを食べ、酸性ガスなどの毒素を放出します。この酸性ガスが歯の表面を溶かし、虫歯を作ります。

虫歯の前段階か、歯の表面を溶かすう蝕という現象です。歯の傷に細菌が住みつき、毒素を放出して歯の表面を溶かせばう蝕に、さらに進行すると虫歯になります。

もし虫歯へ発展しなかったとしても、歯の表面が削れてしまえば、それだけ歯の芯までの距離が近くなり、神経への刺激も強くなります。今までエナメル質がやわらげていてくれた刺激が強く伝わるため、痛みを感じるようになってしまいます。いわゆる知覚過敏です。

このような事情から、知覚過敏用の歯磨き粉には研磨剤は配合されていません。配合されている場合もかなり少ない量だったり、粒の大きさが配慮された低刺激なものに仕上がっています。

市販の歯磨き粉は化学物質が多い

研磨剤によるリスクだけでも市販品の歯磨き粉を使う難しさが分かりますが、それだけではありません。市販品は安く、そして安定した供給のために化学物質も多く含まれています。

サッカリン

たとえばサッカリンという人工甘味料です。発がん性を疑われ、一時期使用禁止となった背景もありますが、現代では発がん性のリスク的な問題はなしとして使用規制が緩和されました。

とはいえ、あくまで発がん性に関する安全性の問題について、です。人によっては下痢など内蔵粘膜に異変が起こることもあり、できれば避けたい成分です。

何故そんなものが使われているのかというと、単純に価格が安いためです。砂糖の500倍ほどの甘さを持っているため、ごく少量で大量の砂糖と同じくらいの甘さを商品に加えられます。安全性の高い砂糖を使うより安く大量に使うことができるのです。

ラウリル硫酸ナトリウム

他にも問題視されているのが、ラウリル硫酸 ナトリウムという界面活性剤です。こちらも発がん性などを疑われましたが、日本や米国など各国で発がん性が否定されています。

一方で、皮膚への刺激性は認められています。何故ならタンパク質変性剤に分類されるため、言ってしまうと口内粘膜を溶かしたり、細胞間に入り込んで残留する危険がある成分だからです。

複数回行われた実験では、腕を利用したパッチテストで、炎症の反応が見られたそうです。しかも怖いのが、直後ではなく28時間後や48時間後とかなり時間が経過してから炎症の症状がピークを迎えたこと。

つまり、使用直後は問題なくても、数時間後には炎症を起こしているかもしれないのです。

もちろん、濃度も関係しますが、それでも皮膚への刺激性がなくなるわけではありません。口内の粘膜は皮膚より薬剤などが浸透しやすいため、余計にリスクが高くなります。

実際、口内炎など口内に傷がある時はラウリル硫酸ナトリウムが配合された歯磨き粉の使用は控えるようにと注意喚起している歯科医もいます。

ちなみに『ラウレス硫酸ナトリウム』という非常によく似た名前の成分もありますが、こちらはラウリル硫酸ナトリウムに手を加え、残留性や刺激性を弱くしたものです。ラウリルに比べて安全性はありますが、それでも刺激がまったくないわけではありません。

どうしてもどちらか一方が配合された製品を選ばなければならなくなった時は、まだ安全性の高いラウレス硫酸ナトリウムが配合された製品の方を選んでみてはいかがでしょうか。

歯磨き粉の顆粒

加えて、近年よく話題に挙がるのが、顆粒タイプ歯磨き粉の歯周病リスクです。歯磨き粉に配合されている顆粒(ツブツブ)が、歯と歯ぐきの間などに入り込み、溶けずに残る問題です。

この顆粒の刺激などによって歯ぐきが炎症を起こし、やがて歯周病になるという危険性が問題視されています。この歯磨き粉の顆粒については別記事でも詳しくまとめています。

→→『市販の顆粒入り歯磨き粉は歯周病リスクを高める』

他にも増粘剤など化学物質が多く含まれている市販の歯磨き粉。今は問題なくとも、毎日使い続けるうちにダメージが体内に蓄積する可能性があります。

市販の歯磨き粉を買うメリットはあるの?

では逆に、市販の歯磨き粉を購入するメリットはあるのでしょうか。

これだけ危険性があるのなら、むしろ市販されているのはおかしいのでは?と思ってしまいます。しかし危険性が挙げられる中、それでも市販品が売られているのは法律的に有効成分が配合できない理由に加え、市販品ゆえのメリットもあるためです。

たとえば、次のようなメリットが挙げられます。

  • 価格が安い
  • どこででも購入できる
  • 爽快感がある
  • 種類が豊富

何よりも、市販品の方が安い点が魅力です。安いものであれば百均でも購入できますし、ドラッグストアに行けば定価200円のものが150円くらいで購入できます。

中にはプレミア処方をうたった高額商品もありますが、せいぜい2,000円台くらいまで。1本5,000円超えの商品も存在する通販限定品や歯科医院専売の歯磨き粉に比べると、やはり安い部類に入ります。

また、どこででも購入できるのも大きなメリットでしょう。こだわりさえなければ、コンビニでだって購入できます。食品中心の小型スーパーですら、ラップやゴミ袋と同等に歯磨き粉の取り扱いがあります。

通販や歯科医院限定品は、近所のスーパーやコンビニでは購入できません。うっかり買いわすれたという場合にすぐに手に入れられるのは、どこででも販売されている市販品ならではです。

そして、市販品の多くが爽快感を売りにしています。マウスウォッシュはアルコールの問題が重視され、アルコール不使用の低刺激商品も販売されていますが、市販の歯磨き粉では爽快感のない商品はかなり少ないです。

あるとしても刺激を抑えたままミント味のすっきり感は残した商品くらいで、完全に歯磨き粉特有のスーッとする味をなくしたものは非常に少ないです。爽快感を重視したい人は、市販品の歯磨き粉の味の方が好みかもしれません。

市販品は販売会社も多いため、種類が豊富なのもうりです。ミント味だけでも低刺激タイプから刺激の強いタイプまで、さまざま。子供向けの甘いものや、女性向けのバラフレーバー、高齢者向けの消臭成分入りなど複数種類あります。

もし歯が丈夫で、酸性のものや砂糖をそれほど多く食べないような人であれば、市販品を購入した方が安く済みますし、味も選びやすいです。

ただ、現代人の中で酸性のものや砂糖を口にしない人は非常に珍しく、市販品では歯を傷つけてしまうかもしれません。

市販品の歯磨き粉を安全に使うコツ

リスクを承知で、それでも価格重視だったり「これじゃないと磨いた気がしない」とこだわりの商品がある場合。使い方に注意すれば、虫歯や知覚過敏などのリスクを多少は軽減できます。

少しでも安全に市販品の歯磨き粉を使うには、とにかく歯へのダメージを減らすことに注意しましょう。

  • 歯磨き粉の量を減らす
  • 歯磨き粉を使わない時も作る
  • 食事直後などは避けて歯磨きする

基本的な注意点は、この3つです。

たとえば、歯磨き粉の量を減らしてみましょう。普段使っている量はどれくらいでしょうか。CMのように歯ブラシの端から端まで乗せている人は、その3分の1から4分の1の量に減らしてみてください。

量を減らせば単純に1回で使う研磨剤の量も減ることになり、歯が削られるリスクも減らせます。

また、歯磨き粉を使わない時を作るのも効果的です。たとえば朝は歯磨き粉を使って眠気もサッパリ吹き飛ばし、ミントの香料で口臭対策をしますが、夜は歯磨き粉を使わずに磨きます。

歯磨き粉を使わない分、研磨剤で歯を傷つける心配がないので、じっくり隅々まで歯を磨けます。歯磨き粉の泡立ちも邪魔しないため、鏡で歯を1本1本確認しながら磨くこともできます。

細菌の繁殖が心配な場合は、こういった薬用液体ハミガキで口をゆすぎましょう。プロポリスやなた豆エキスなど、歯周病あるいは虫歯の原因菌に効果的な成分入りのものがおすすめです。

⇒薬用液体歯磨きプロポリス

私も着色汚れが気になるけれど、知覚過敏気味の前歯が痛い!という時に、この方法で歯磨きしていました。着色汚れ対策をしつつ、知覚過敏の悪化も防げたので、個人的に一番おすすめな歯磨き方法です。

ただ、私の場合は歯磨き粉を完全に使わないのではなく、研磨剤不使用のジェル歯磨きと市販の歯磨き粉を交互に使い分ける方法でした。歯磨き粉を新しく購入するタイミングの人は、こういった2種の歯磨き粉の使い分けも試してみてください。

そして、基本中の基本が歯磨きをするタイミングです。食事直後は口内が酸性にかたむき、歯の表面も食べ物の酸で弱くなっています。歯磨き粉の研磨剤や硬めの歯ブラシといった強い刺激で、簡単に傷ができてしまいます。

歯磨きをするには、まず口内環境が酸性から中性へ落ち着くのを待ってからにしましょう。食後およそ30分後が目安です。急いでいる場合は、水や牛乳、豆乳といった酸性ではない飲み物で口内状態を落ち着けてから歯磨きしましょう。

そのまま歯磨きするよりは、多少ダメージのリスクを減らすことができます。

通販で歯磨き粉を買うメリットと安全性について

市販品で購入するメリットは、やはり価格や手に入りやすさが目立ちます。

これに対し、通販で歯磨き粉を購入するメリットは何があるのかをまとめてみました。

  • 研磨剤への配慮がされている
  • 使用されている有効成分について分かる
  • 虫歯予防など目的がはっきりしている
  • さまざまな形状のものがある
  • 清涼感を抑えたものも多い
  • じっくり選べる

通販で購入できる歯磨き粉の中には、研磨剤の危険性を理解して商品開発されているものも多いです。ドラッグストアではむしろ研磨剤多めのホワイトニング歯磨き粉とうたう製品まである中、確実に研磨剤不使用を購入できるのは通販のメリットです。

もちろん、通販品にも研磨剤入り歯磨き粉は存在します。そのようなタイプは歯をコーティングする成分でカバーされているので、やはり研磨剤を入れただけの市販の歯磨き粉より安全に使えます。

そして通販で購入する以上、販売会社の方もお客さんに買ってもらうためにたくさんの情報をサイトに載せています。とくに多くの人が重視する有効成分については、その安全性や生産地まで詳しく書かれているのは珍しくありません。

有効成分に加えて、それらがどのような悩みに効果的かも書かれています。歯の着色汚れを落としてくれるのか、歯周病菌のはたらきを抑制してくれるのか、初期虫歯を治す再石灰化をサポートする効果があるのか、など。

自分の悩みに最適なものなのか、サイトで有効成分のはたらきを見て判断することができます。スペースの制限があるお店の棚では、それらを確認するのは難しいのではないでしょうか。

中にはポップつきの棚もありますが、「有効成分が歯の黄ばみに効く!」程度しか書かれていません。何故効果があると言えるのか、その有効成分はどんな材料由来のものなのかまでは、確認できないものばかりです。

パッケージ裏の成分表も、正直、素人が読んだところですべてを理解することはできません。通販ではこのような購入への不安点を少しでもなくすべく、多くのサイトできちんと有効成分について書かれています。

国産のものであれば、しっかりと「国産○○由来」と書かれているので、国産材料にこだわる人も安心です。

また、個人的に通販がおすすめなのは、形状なども関係しています。私が以前レビューしたポリリンジェルEXは、ボトルタイプの歯磨きジェルでした。そのため、1回分の量を一定量でとれる上、ジェルの出口に歯ブラシが当たらないので、とても衛生的でした。

硬めのケースだったので横からの圧力にも強く、チューブ式のようにカバンの中で潰れて中身が飛び出す心配がありません。会社のお手洗いでランチ後の歯磨きをする人には、結構重要なポイントではないでしょうか。

もちろん、チューブ式も簡単には潰れたりはしないのですが、重い書類やファイルと一緒に入れていると、100%安全とは言い切れません。アルミチューブなどは、ファイルの角でチューブに穴が開く可能性もあります。

自分のライフスタイルや使い方に合わせて形状も選べるのは、通販で購入する特権です。ドラッグストアなどで購入できる歯磨き粉の多くはチューブ式なので、それ以外の形状の方が便利だと感じる方は、通販サイトも見てみてください。

形状に加え、通販タイプは清涼感が控えめなものが多いです。中には無味無臭のものもあります。(ポリリンジェルEXが無味無臭でした)

歯磨き粉特有のミント味や辛味が苦手な人は、通販サイトでそのような特徴のある歯磨き粉を試してはいかがでしょうか。ちなみに私が試したものの中で味や辛味が少ないのは、次の歯磨き粉でした。

<歯磨き粉のミント味や辛味が少ない順>

※各歯磨き粉のレビュー記事に飛べます。

あくまで管理人yukiが使ってみた歯磨き粉の中での順番ですが、上からミント系の味や辛味がない順です。ここでご紹介した4つはどれも清涼感がないため、長くじっくり歯磨きできます。

モリンガ モイスト クリーンブレスとナイトホワイトニングは味がありますが、辛味ではなくハーブ系の微かな味や有効成分のナトリウム系の味です。個人の好みもあると思いますが、私はナイトホワイトニングの味は好きです。

通販の歯磨き粉はとくに、研磨剤の他に味や辛味の記載もしっかりされている商品が多いです。

そして、通販で購入するメリットは、このような商品の特徴をじっくり確認してから購入できるという点です。お店で長時間同じ棚の前に立って吟味できますか?私はこれをやりすぎて万引き警戒をされたことがあります(笑)

お店でずっと同じコーナーにいると、ただ商品を吟味しているだけなのに、店員さんが怪しげな目で見てきたりします。万引きするつもりではと疑っているのか、やたら何度も商品整理をしにきたり、声をかけてきたり。

通販サイトでの購入であれば、店員さんの目を気にする必要はありません。隅々まで説明を読んで、分からない成分名についてはその場で調べることもできて、自分に合ったものだけを購入できます。

実物を見れないことに不安はありますが、どちらにせよ、店舗で購入する場合も歯磨き粉のお試しはできません。買って自宅で使うまで、どんな味か分からないのは同じです。

それなら、有効成分や使い勝手などを優先して、自分の口内環境に適した歯磨き粉を選ぶ方が有意義です。市販品で既に最良のものを見つけたわけでないのなら、通販サイトもいろいろと見てまわることをおすすめします。

※こちらで研磨剤不使用の歯磨き粉をまとめしたので参考にしてください。
研磨剤なしの歯磨き粉特集 ~ホワイトニング効果や着色汚れにもおすすめ~

安全な歯磨き粉の特徴と選び方は?

市販の歯磨き粉のリスクを知って、じゃあどうすれば良いの?となった方。比較的安全な歯磨き粉を選ぶポイントをご紹介します。

  • 余計な化学物質が少ない
  • 歯への負担も考えられた配合
  • 研磨剤が少ない、もしくは不使用
  • 虫歯や歯周病対策もできる

意識してほしいのは、この4つです。

まず、余計な化学物質が少ないこと。化学物質の中には、ポリリン酸などのように無害かつ歯へ良い影響を与えてくれるものも存在します。そのため、絶対にすべて避けるべきとまでは言い切れません。

もし歯の表面にこまかい傷がついていたり、そのせいで着色汚れができやすいのであれば、むしろポリリン酸が配合された歯磨き粉を選ぶのも良いでしょう。

ただし、歯の悩みに効果的なのは短鎖ポリリン酸と分割ポリリン酸です。配合されたポリリン酸の特徴が書かれていないものは、あまり期待できません。効果的なものではないポリリン酸が入っている可能性があります。

歯への負担も考えられた成分の組み合わせだと、なお良し。たとえば、『薬用ナイトホワイトニング』は汚れを落とすリンゴ酸が入っていますが、リンゴ酸だけでは歯の表面のエナメル質まで溶かしてしまいます。

そこで、歯の表面をコーティングするポリリン酸も配合されています。見た目はケミカルな青色ですが、歯に優しい成分と汚れを落とす成分の両方が配合されているため、安心して使える歯磨きジェルに仕上がっています。

市販品にはまだ少ないですが、研磨剤が少ないものや全く配合されていないタイプもおすすめです。歯の表面を傷つけにくく、知覚過敏の人でも使える歯磨き粉です。

市販品では知覚過敏用として販売されているものが当てはまります。ただし、ラウリル硫酸ナトリウムなど別の有害物質が配合されている可能性があるため、成分表をよく読んで購入しましょう。

通販限定であれば、ほとんどの商品が研磨剤不使用あるいは少ない配合です。とくにジェルタイプは絶対に研磨剤が入っていないので、迷った場合はジェルタイプの歯磨き粉を選ぶと確実です。

中には虫歯や歯周病対策も考慮した商品があります。どうせ購入するなら、そういった成分も配合されたものを選ぶことをおすすめします。

通販の歯磨き粉と市販品の違いまとめ

すべての市販品が悪いとは言いませんが、言ってしまうと「安いものは安いだけリスクがある」ということを知っておいてください。

より安全なものを選びたいなら、通販や歯科医院での購入も視野に入れてみましょう。かかりつけの歯医者さんがいるなら、定期健診のついでに相談してはいかがでしょうか。

通販の場合、安全性が高いといっても申し込みが面倒ですね。私もそうでした。そういった場合は思い切って定期コースで申し込むのがおすすめです。

たとえば、『はははのは』というジェルタイプの歯磨きは、研磨剤もラウリル硫酸ナトリウムなどの化学物質も不使用。定期コースだと初回43%引きとかなり安いです。

製薬会社との共同開発なので効果も期待できる上、天然由来成分ばかりで安全性が高い歯磨き粉です。こういった製品が通販には多いので、一度試してみてください。『はははのは』のように、公式サイトで成分がしっかり書かれている商品がおすすめです。

※私も実際に「はははのは」を使ってみて感想記事を書きましたのでご参考ください。
「はははのは」の評判 ~ホワイトニング効果は本当か?実際に使ってみた感想~

歯磨き粉は味やにおい、磨き終わった後の使い心地も個人によって好みが分かれると思います。加えて安全性や望む効能を考えると、合うものを探すのは一苦労。

その分、自分に合ったものが見つかった時の喜びもひとしおです。いろいろ試してみて、自分に合った歯磨き粉を探してください。

>>『はははのは』公式サイトへ






研磨剤は歯の表面を傷つけて着色汚れの原因になります

研磨剤なしの歯磨き粉特集はこちらへ