歯の着色汚れを落としてくれる効果をもつポリリン酸は、もともと人間の体内にも存在することから、安全性の高い成分であると言えます。

今回は、ポリリン酸を活用して安全に歯のケアができるよう、ポリリン酸入り歯磨き粉を探してみたのでご紹介します。

ただし、ポリリン酸入りなら何でも良いというわけではありません。

同じポリリン酸歯磨き粉でも、“分割ポリリン酸”もしくは”短鎖ポリリン酸”が含まれていない場合は汚れの除去効果が薄いものもありますので、ポリリン酸の歯磨き粉を選ぶには注意が必要です。

きちんと効果を得られるポリリン酸入り歯磨き粉は、どんなものなのか?こちらで調べた結果とおすすめの歯磨き粉をまとめてみましたので参考にしてください。

ポリリン酸とは?安全に使える歯を白くする成分、ホワイトニング効果について

クリニックなどでホワイトニングに使用される成分(過酸化水素などの漂白剤)は、

  • 歯のエナメル質を薄く剥がして歯本来の白さを取り戻すタイプ
  • 歯の芯まで浸透して漂白するタイプ

の2種があります。劇的な効果をもたらす反面、強烈な痛みを感じる上、歯へのダメージも大きいです。

それに比べて、ポリリン酸は漂白剤のように歯の芯から真っ白にはできませんが、表面に付着した汚れを除去する力を持っています。人体との相性も良く、ホワイトニングのように痛みや歯のダメージといった心配もいりません。

ポリリン酸のはたらきは、歯の表面に付着した汚れを吸着して、剥がし取ること。歯のエナメル質を削ったり溶かしたりすることはないため、あくまで歯が本来持つ白さに戻るだけです。

エナメル質のさらに内側、歯の芯とも言える象牙質の部分が黄色くなっている人には、ポリリン酸は効果がありません。

しかし、歯の着色汚れを解消したい人(茶渋やワインなどの汚れに悩んでいる人)は、ポリリン酸がおすすめです。

大人はもちろん、子供にも安心して使える成分なので、親子で歯の着色汚れ対策を行いたい人も、ポリリン酸入りの歯磨き粉を使ってみてください。歯磨きは毎日行うもの。そのため、ポリリン酸入り歯磨き粉を選ぶだけで毎日歯の着色予防ができます。

ちなみに、ポリリン酸であればどれを使っても良いわけではないのでご注意を。

歯の着色汚れを除去するのに役立つのは、『短鎖ポリリン酸』という種類の、長さが短いタイプのものです。

他にも長鎖ポリリン酸、中鎖ポリリン酸が存在しますが、汚れの除去に向いているのは短鎖ポリリン酸だけ。

もし『ポリリン酸配合』と『短鎖ポリリン酸配合』と書かれた2つのデンタルケア用品があったら、ホワイトニングのためには短鎖ポリリン酸を選ぶようにしましょう。

※ポリリン酸についての詳細は、別の記事にまとめています。↓↓
(ポリリン酸の詳細『ポリリン酸に歯のホワイトニング効果はない?~クリーニングとの違い~』へ)

ポリリン酸が含まれる歯磨き粉・歯磨きジェルのご紹介

ポリリン酸入りの歯磨き粉は、市販品にもありました。ただ、商品説明や成分表には『短鎖ポリリン酸』や『分割ポリリン酸』とは書かれておらず、単にポリリン酸と表記されているものばかり。

歯を白くするポリリン酸は、長さが重要です。歯の汚れを除去することに向いているのは短鎖ポリリン酸と、もしくは短鎖の長さに加工された分割ポリリン酸のみ。

ポリリン酸と表記されている歯磨き粉に含まれているものは、適切な長さのポリリン酸ではない可能性もあります。

ただし、市販品のすべてが無効果というわけでもありません。

配合されるポリリン酸すべてが有効なもののみではない、ということは、無効なもののみ配合されている、とも言い切れないのです。

企業の中にはデンタルケア用品を長年製造し、歯科医療用の高度な製品もたくさん製造している会社もあります。そのような企業の商品が『歯を白くする』と効果を謳っている限り、短鎖ポリリン酸がいくらか配合されている可能性は十分に考えられます。

近年はデンタルケア市場も見直され、成分にこだわった市販品の歯磨き粉がたくさんあります。ポリリン酸だけにとどまらず、別の有効成分も含まれているものばかりです。

市販品のポリリン酸入り歯磨き粉を選ぶ時は、そのような別の有効成分による付加価値にも注目してみると、嬉しい効果が得られます。歯の汚れ除去をしながら別の悩みも解消してくれるものを安い市販品で手に入れられたら、万々歳ですよね。

一通り調べてみた管理人が商品レビューや評判を見て「これは!」と思ったものは、以下のデンタルケア用品です。

  • コンクール リペリオ
  • コンクールジェルコート
  • はははのは
  • 薬用ポリリンジェルEX

以下、詳しく見ていきましょう。

コンクール リペリオ 歯周病で歯茎が傷んでいる人に人気

コンクール リペリオは薬用の歯磨き粉というだけあって、ポリリン酸の他にも植物エキスやキシリトールが配合されています。歯茎の細胞を活性化させるという成分も含まれているため、 歯周病で歯茎の状態が良くないという人におすすめです。

歯周病予防としても使えますし、植物エキスは炎症を抑えるはたらきを持っているため、歯茎から血が出やすいという人も試してみてはいかがでしょうか。

※ただし、ポリリン酸表記のみ。短鎖(もしくは分割)の表記なし

コンクール ジェルコート 低刺激なのに殺菌力が高いジェル系歯磨き

コンクールジェルコートは歯磨き粉と言うよりは、歯磨きジェルの部類です。使用方法は歯磨き粉と同様、歯ブラシに着けてブラッシングし、終わったら口を水でゆすぐだけ。ポリリン酸の他に歯の再石灰化を促すフッ素が含まれています。

特徴は、強い殺菌力があるにもかかわらず、低刺激だという点。口内の荒れがひどい人も使える上、口臭に対する効果がすごいと評判の商品です。歯の汚れと口臭に悩んでいる人は、こちらのコンクール ジェルコートFがおすすめです。

※ただし、ポリリン酸表記のみ。短鎖(もしくは分割)の表記なし

はははのは 完全無農薬でナチュラル系のデザインも可愛い

はははのはも、ジェルタイプです。他の商品と異なる点は、とにかく完全無農薬にこだわった配合をしているということ。オーガニックに徹底した植物エキスや果実の成分を使っているので、自然派の人におすすめです。

ポリリン酸の他にも美白成分を配合。パパインは、汚れを除去する成分として歯以外の美容面でも使用されることの多いものです。パッケージも可愛いので、見た目も重視したい人は、はははのは、がおすすめ。

女性の声から生まれた、という点に惹かれました。女性の希望を取り入れることで、見た目の可愛いパッケージ、体に優しいオーガニック、美容成分で活用されているパパインなどの有効成分、と細部にこだわりが見られます。

※ただし、ポリリン酸表記のみ。短鎖(もしくは分割)の表記なし

薬用ポリリンジェルEX 分割ポリリン酸の表記あり おすすめ

薬用ポリリンジェルEXも、ジェルタイプです。同シリーズのデンタルリンス(歯磨き後に使う洗口剤)タイプにもポリリン酸が配合されているため、両方をセットで使うとさらに効果を期待できます。

この薬用ポリリンジェルEXの魅力は、きちんと分割ポリリン酸が配合されていること。

歯の汚れ除去に向いた長さにポリリン酸を分割しているので、安心して使えます。デンタルリンスは狭い隙間にも入り込むので、歯周病ケアも同時にできます。歯茎の健康が気になる人におすすめです。

こちらは唯一、分割ポリリン酸表記がありました。

他の製品と比べると少し高いですが、その分、ホワイトニング効果が期待できますし、歯医者でホワイトニングすると数十万円かかってしまうので、それと比べると費用対効果が高いといえます。

dsc_0535
とても評判が高いので私も実際に買って使って試してみました。
ポリリンジェルEXの評判と実際の体験レビュー

まとめ おすすめはポリリンジェルEX

いろいろと探してみましたが、ここでご紹介した商品以外にもポリリン酸入りの歯磨き粉はありました。

ただ、防腐剤が使用されていたり、あまり評判が良くなかったりと、ちょっと疑問に感じるものばかりだったので、今回は割愛しています。

ここでご紹介したのはポリリン酸商品ばかりですが、中でも薬用ポリリンジェルEXはおすすめです。

ポリリン酸を使用しているデンタルケア用品は多いですが、きちんと公式サイトで歯の汚れ除去にはポリリン酸の長さが重要であることを解説しているのは、この薬用ポリリンジェルEXだけでした。

つまり、他の商品は歯の汚れ除去に効果のない長さのポリリン酸が使われていたり、混じっていたりする可能性もあります。

歯の汚れを効率良く除去するには、効果のある形状で有効成分が含まれていることも大切です。ポリリン酸で汚れ除去を目指すなら、こちらの薬用ポリリンジェルEXのようにポリリン酸の長さにもこだわった商品を試してみてください。

私がこの薬用ポリリンジェルEXに興味を持ったのは、きちんとポリリン酸の長さに注目した商品を製造している点だけではありません。

この製造会社、よく調べてみると、ポリリン酸について研究していた海外の某大学の教授が立ち上げた会社でした。

つまり、歯学について右も左も分からない社長が『こういう歯磨き粉を作って事業拡大だ!』と利益を狙って作ったのではなく、ポリリン酸に詳しい研究者が『ポリリン酸の効果を最大限に出すコツは長さなんだ!これを歯磨き粉に入れると歯の汚れケアに役立つぞ!』と研究の末に誕生させた商品だったのです。

商品開発に専門家が携わることは珍しくありませんが、自身の研究結果を元に製品まで作り、自分が会社の代表になるというのは、ちょっと面白いと感じました。それだけ自分の理論に自信があるという証拠なのではないでしょうか。

調べてみたところ、この薬用ポリリンジェルEXを開発した社長(ポリリン酸の研究者)と同じ大学に留学経験のある歯科医は少なくありませんでした。いずれも大病院や歯学研究の最先端に携わっている人々です。

もともと歯学に関しては海外医療の方が進んでいるのが周知の事実でしたが、多くの歯科医や歯科学研究者が留学している大学で磨かれた知識と技術は、かなり高度のものと言えます。

また、薬用ポリリンジェルEXにはホワイトニング効果だけでなく、歯周病ケア効果もあります。

汚れを効率良く落とすだけでも歯周病予防になりますが、ポリリン酸自体が歯茎の細胞修復を促してくれるのです。

歯周病ケアと汚れ対策の両方を行える上、しっかり分割ポリリン酸を配合していると明記されている薬用ポリリンジェルEXは、健康に歯を白くしたい人にぴったりの歯磨き粉です。

価格はホワイトニング効果が期待できる分少ししますが、ジェルだけなら3,000円前後と比較的安価ですので、まずはジェルだけ試してみるのがおすすめです。

公式通販サイトは以下より
薬用ポリリンジェルEXシリーズ(公式)

 


私も実際に使ってみて体験レビューを書きましたのでこちらも参考にしてください。
ポリリンジェルEXの評判と実際の体験レビュー