こんにちは、管理人のyukiです。

先月、歯の着色汚れを寝ている間に落としてくれるというナイトホワイトニングを試してみたので体験レビューを書いてみました。

(参考⇒歯の着色汚れに効くナイトホワイトニングを使ってみた感想~評判商品の体験レビュー~

あれから1カ月くらい使い続けてみたので、ナイトホワイトニングを実際に1カ月使ってみた結果を報告したいと思います。

ナイトホワイトニングで歯を白くしたいと考えている方、実際に購入する前に、効果についてこちらで確認してみてから検討してみてはいかがでしょうか。

ナイトホワイトニングの魅力と使い方おさらい

まずは簡単にナイトホワイトニングの魅力と使い方をおさらいします。

ナイトホワイトニングとは、簡単に言うと『歯を白くする成分が複数種類たっぷり入った歯磨きジェル』です。ジェルなので研磨剤は入っておらず、研磨剤を避けたい人にぴったりの商品です。

重要な歯を白くする成分ですが、たとえばポリリン酸。歯の表面に付着した食べ物や飲み物による着色汚れにくっついて、はがす役割をもっています。さらには歯の表面をコーティングしてくれるため、新たな着色汚れの予防も期待できるというもの。

他にも市販の歯磨き粉にも入っているリンゴ酸。ただ、これはこちらの記事『』で紹介しているとおり、汚れを溶かしてくれる一方で、歯そのものも溶かしている危険がある成分です。

ナイトホワイトニングの場合、歯をコーティングしてくれるポリリン酸も一緒に配合することで、リンゴ酸によるダメージを軽減してくれています。そのため、市販品よりも安心して使えるリンゴ酸入り歯磨きアイテムになっています。

他にもレモンエキスやシャクヤクエキスなど美容成分や、ウーロン茶エキスなど、口臭予防にも良い成分がたっぷり配合。辛味も少ないので、ドライマウスの人でも安心して使えるくらいに低刺激な味です。

使い方は、スポイト式になった蓋でビンの中のジェルを吸い取り、歯ブラシに乗せるだけ。これを1回の歯磨きにつきスポイト2回分乗せます。

先に通常の歯磨きで汚れを落としてからナイトホワイトニングを使って2回目の歯磨きを行った方が、効果が出やすいと説明されています。

実際に長期間ナイトホワイトニングを使ってみた結果

実際にナイトホワイトニングを毎日続けて使ってみることにしたのですが、なんと1ヶ月使い切る前に終わってしまいました。1本で約1ヶ月分とのことだったのですが、さすがに1回でスポイト2回分は量が多いみたいです。

説明書のとおりに使っていたのですが、朝晩ナイトホワイトニングを使う人や、2回分きっちり量を守って使いたい人は、使う量によって1ヶ月より早くなくなる可能性があります。

量をスポイト1.5回分に抑えたり、夜だけの使用に留めるとちょうど良いかもしれません。私の場合、なんとなく夜だけではなく朝も使う日があったので、余計になくなるスパンが早かったのだと思います。

重要な効果についてですが、

  • 全体的に歯の色が明るくなった
  • 歯に光沢がある
  • 新しい着色汚れがつきにくい

がしっかり感じられた効果です。さすがに歯と歯の間にできる濃い茶渋は落とせませんでした。が、全体的に歯の黄ばみが薄くなり、光沢も出てきたので以前よりは見た目が改善されてきました。

光沢はポリリン酸のコーティング効果のようで、おかげで着色汚れが新しくついたなと感じることがなくなりました。

ちょっとナトリウム系の味がしますが、ジェルなので研磨剤なし。しかも市販の歯磨き粉のようにスーハーと清涼感が口内に広がることがありません。そのため、ナイトホワイトニング本来の使い方である寝る前の使用も問題なく続けられました。

寝る前に口内が歯磨き粉の清涼感でスーハーとするのが好きではないのですが、ナイトホワイトニングならその心配もせずに使えました。個人的な意見ですが、味も結構好みでした。

パックもしてみました

公式サイトを見たことのある方はご存知だと思いますが、ナイトホワイトニングを汚れた歯の模型にたっぷりつけて実験している画像があります。

そこで私も「本当にこんなにしっかり汚れがはがれるのか」を試してみることにしました。方法はティッシュを歯ぐきと唇の間に詰め、口が閉じないように固定。前歯の唾液を拭き取り、そこにナイトホワイトニングをたっぷりかける。

その後、10分ほど置いて洗い流してみる。という内容でした。結果のほどは・・・・・・微妙。10分だと短かったのか、それとも唾液と混ざってしまったのか、劇的に汚れ(歯と歯の間の濃い茶渋)が落ちる!という結果にはなりませんでした。

結果は前歯の光沢がさらにアップして、全体的に明るさがさらに増した程度。やっぱり、しつこい茶渋は歯科医院さんでとってもらうしかないようです。

この後、歯科医院で茶渋汚れをとってもらいました。それ以降もナイトホワイトニングがなくなるまで使ってみたおかげか、毎日相変わらずお茶を飲んでいるにも関わらず、いまのところ茶渋の新たな付着はありません。

使い切って数日たちますが、ポリリン酸のコーティング効果で、茶渋汚れがつきやすい歯表面の小さな傷が減っているのかな、と感じました。そのおかげで茶渋汚れが入り込む場所がないのかもしれません。

歯の着色汚れは歯表面についたこまかな傷に食べ物や飲み物の色素が入り込むことで、しつこい汚れとなります。ナイトホワイトニングのポリリン酸が歯表面をコーティングしてくれるため、この汚れが入り込む傷も埋め立てられてしまうのです。

凹凸もなくツルツルになった歯は光沢が出る上、汚れのこびりつかない(綺麗な状態が長続きする)歯となります。濃い汚れはないけれど、なんとなく全体が黄色っぽい、という方は、ナイトホワイトニングのコーティング効果を試してみてください。

ちなみに、管理人自身が実験してみたパックはおすすめできません。これ1回のために2日分を使ってしまいましたが、おそらく2日普通の方法で磨いた方が効果はあったと思います。

パックで一気に落とそうと考えず、毎日コツコツとジェルで歯磨きした方が綺麗になります。

ナイトホワイトニングの効果まとめ

この結果から、ナイトホワイトニングの効果は歯の着色汚れを劇的に落とすというよりは、全体のくすみをなくして明るくしたり、歯をコーティングして新たな汚れがつかないようにしてくれる。というものだと結論づけました。

正直、最初に1回使ってみた時の感想とあまり変わりませんでしたが、長期間使ったことで「使い方を守りすぎたり朝晩使っていると量が1ヶ月ももたない」という事実に気付くことができました。

スポイトいっぱいに吸い込んだ量を2回分が正しい量とされていますが、1ヶ月しっかり続けたい方は、量を気持ちばかり少なめにしてみてください。

この量の問題点と「劇的な一瞬での汚れ落とし」を期待しなければ、ナイトホワイトニングは試してみる価値はあります。一部についた濃い汚れではなく歯全体の色を明るくしたい方なら、十分効果を得られます。

また、私のように歯医者でしつこい汚れをとってもらってから残りのくすみをナイトホワイトニングで薄くしていく手もあります。ホワイトニングをするよりは安くすみますし、新しい汚れがつきにくくなります。

もちろん、最初に使った際にも書きましたが、「すでにホワイトニングしている人で、新しい汚れがつかない対策をしたい」という人こそ、ナイトホワイトニングがぴったりです。

☆今回試したアイテムはこちら☆

>>『ナイトホワイトニング』公式サイト

※ナイトホワイトニングを試してみた1回目の感想もご覧ください。
→→『歯の着色汚れに効くナイトホワイトニングを使ってみた感想~評判商品の体験レビュー~






研磨剤は歯の表面を傷つけて着色汚れの原因になります

研磨剤なしの歯磨き粉特集はこちらへ